TOP >  お知らせ > <イベントレポート>自分と、人と、つながって、未来を見つめる2日間。|地域おこし未来ラボvol.1 -3年後のリアルを考える-

考えるいい機会

<イベントレポート>自分と、人と、つながって、未来を見つめる2日間。|地域おこし未来ラボvol.1 -3年後のリアルを考える-

皆さまこんにちは、信州移住計画の三枝です。

地域おこし協力隊未来ラボvol.2(好評につき開催決定!)
現在参加者募集中♪

8月に行われた地域おこし未来ラボvol.1、あの1泊2日の熱い日々、中で一体何が起こっていたのか。

ライターでも何でもないですが、スタッフとして、また移住者としてイベントにジョインした私の目線で、レポートしてみます。
イベントのレポートでもあり、また当日のファシリテーションの目的や意図まで「自分のナレッジとする」ことまで含めて記載をしましたので、少し(かなり)長くなりますが、是非お目通しください!!


38764083_1876319842457888_900614642940772352_o

当日の概要と出来事

【日時】8月14日(火)13時~15日(水)12時
【場所】とある音楽家の古家@大町市
【参加者】
<信州移住計画メンバー>
山田崇(やまださん)、三枝大祐(ぐっさん)、増村江利子(えりこさん)、たつみかずき(たつみくん)

<参加者>
吉田恵(めぐさん)、小林あゆみ(あこ)、宮本有紀(ゆきちゃん)、うえやまあや(彩pan)、二宮美香(にのさん)、安徳希仁(マレッティ)、山田百合花(やまさん)、勝俣ゆき子(ゆきさん)

<タカアシガニライブ>
北川和樹(Smily)

<スタッフ>
徳竹彩菜(あやな)、太田真美(おまみ)、大橋勇輝(ゆっきー)

【スケジュール】
(1日目)
10:30 移住計画メンバー集合、ミーティング
12:00 昼食(カレー)
12:30 参加者駅着、出迎え&荷物整理
    →道迷いや、遅刻などで13時開始予定が割とずれ込み
13:45 合宿スタート 挨拶(三枝)趣旨説明(たつみさん)
14:15 チェックインスタート(山田さん)
15:15 TCC(クリエイティブセンター)カードと台湾土産の箱を使った自己紹介
15:45 休憩
16:00 過去を振り返るワーク(個人作業)
16:40 増村さん、三枝からワークの発表
17:00 3人チームを組んでの共有
17:30 休憩、温泉など自由時間
19:00 夕食
20:30 山田さん講義、ディスカッション(「nanoda~1人じゃエンジンは組めない~」)
21:30 たつみさん講義、ディスカッション(「地域で起業をするためには」)
22:30 1日目プログラム終了

(2日目)
7:45 朝食
9:00 マインドフルネスを活かしたチェックイン(グラウンディングの後、リソースの探求)
9:45 休憩
10:00 過去/未来、仕事/プライベートの個人ワーク
10:45 OST-信州移住計画メンバーのテーマを元に対話
11:15 OST-自分が話したい内容の共有と、テーマ決め、対話
11:45 チェックアウト
12:15 2日目プログラム終了
12:30 信州移住計画メンバー振り返り
13:00 終了

【レポート】

地域おこし未来ラボのこと

1年近くの冬眠期間を経て、長野県大町市で「地域と人を繋ぐ」をテーマに、ゲストハウス運営やWeb制作、イベント企画などを行う、LODEC Japan代表のたつみかずきさんを代表に

長野県・富士見町在住(移住者)の増村江利子さん、塩尻市役所地方創生推進課/nanoda代表の山田崇さん、そして塩尻市役所地方創生推進課の三枝大祐を運営メンバーとして2018年4月から再始動した信州移住計画。
1~2週間に一回の電話会議を継続しながら、今回のイベントを計画しました。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-7

ところで、じつは「移住」の先駆者である地域おこし協力隊。
総務省から報酬や活動補助金が最長で3年間支給されて、地域で様々な活動をして、任期終了後も「定住」を目指すというものですが・・・、
実際、3年後に生業をつくってちゃんと生計を立てるのって、すごく厳しいですよね。
起業とか、利益を出すとか、とてもハードルが高いなと。

でも「移住」して「定住」して、自分のやりたいことを実現するにはそのハードルを越えないといけないし、そこでちゃんと「定住できる」地域ほど、移住もしやすいんじゃないかと考えて。

今回は、そんな地域おこし協力隊の皆さんを対象にした合宿イベント。
今一度自分の想いに立ち返ってみて、そもそも自分は何がしたくて、どんな暮らしがしたくて移住を決めたのか、そんな「想いの根っこ」を掘り出して、改めて3年後の姿、ありたい未来をイメージして、次のアクションにつながる機会になればという意図で企画しました。

信州移住計画にとっても初めての取り組みで、チャレンジするというドキドキと、どんな人が参加してくれるのかというワクワクの中、合宿を迎えました。

▼(1日目)

合宿のスタート 〜自分の根っこを自覚し、人とつながる時間〜

信州移住計画の運営メンバー、江利子さんと山田さんと三枝は10時過ぎにJR大糸線・信濃大町駅へ到着。
スタッフのゆっきーの送迎で、たつみさんの住居で今回の会場でもある「とある音楽家の古家」へと向かいます。

車を5分も走らせれば、木立の並ぶ山の中へ入ります。
県道から脇道に入り、すぐ下が崖になっていて車1台が通れるか通れないかという狭い道を抜けた先に、ようやく家の門が見えて来ます。最寄りの家は200mくらい上がったところにあるお爺さんの家1軒のみ、なんだかトンデモナイところに来ちゃいましたが・・・。

門を抜けて古家に入ったら、超興奮!!
土間を上がると囲炉裏があって、バーカウンターが併設されたオープンキッチン。
縁側が素敵な居間を抜けるとレコーディングスタジオがあり、ドラムセットやキーボードなど様々な楽器が立ち並ぶ部屋。

天井は思いっきり吹き抜けで大きな柱が横たわり、2階はそんな天井が目の前にあり、秘密基地的な雰囲気を醸し出す部屋が3室程度。どこで写真を撮ってもフォトジェニックでインスタ映えする非日常空間がそこにありました。
こんな素敵なロケーションで合宿ができるるなんて、開始前からとてもワクワク!!

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-4

まずは運営メンバー4人でチェックイン。
じつは、4人で直接顔を合わせるのは初めて。

たつみさんと山田さんと三枝は前々からの知り合いでしたが、その3人と江利子さんはほぼ初対面。どんな人なのかとドキドキしてましたが、会った時の雰囲気と、チェックインの話口調からとても柔らかい人だなと感じて、ホッと一安心。
それぞれの背景や、持っている雰囲気も見えてきて、ワクワクが止まりません。

改めてこの合宿に向けた今の気持ちと、そしてスケジュールや内容を確認して、スタッフのあやなちゃんがつくってくれたカレーを食して、お出迎えの体制を整えました。

集合時間の12:30、歓迎ムードで待ち構えてましたが・・・。
渋滞やら合流できずやらgoogle先生に騙されたやら原チャで走ってたらPC落とした(!?)やらで、なんだかんだ古家に到着して荷物を置いて、場が整ったのが13:45くらい。

居間に車座になって、合宿スタートです!!
三枝からWelcomeの挨拶をして、たつみさんから企画説明をした後に、山田さんファシリテーションでチェックインと自己紹介。
LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-19

この自己紹介、いろいろな手法を交えつつ1時間30分くらいかけてじっくりと行いました。
じつは私たち運営メンバーは、この自己紹介にとても力を入れていました。

今回の合宿の一つのゴールである「自分の根っこにある想いに立ち返ってみて、ありたい未来をイメージして、次のアクションにつなげる」ことを目指すために、コ・クリエーション(共創)プロセスを使って、地域や社会に大転換を起こそうとする研究コミュニティ「
コクリ!プロジェクト」で使われているメソッドを参考にしました。

そのメソッドの中では、まずはじめの一歩を「根っこの想いを自覚する」必要があって、ありたい未来をイメージするために、その想いを安心安全・信頼できる場の中で共有する、そうした土壌をつくることが大切だと定めています。

なので、まずは自分と向き合って対話をしてみて、今どんな気持ちなのか、なんで参加しようと思ったのか、普段意識していない自分を一度深掘りをしてみて、その場にいる全員に自分の言葉で表現をして自己開示をすることで、安心で安全な場をつくっていきました。

参加の理由という少し真面目な話から、静岡県浜松市を基点に運営されるメディアブロジェクト「media project Untenor」においてクリエイティブユニットSAVA、茨城大学一ノ瀬研究室、PLANPOT DESIGN WORKSで共同開発された、まちづくり体験型イベント作成ゲーム「
THE CREATIVE CENTER」のカードを使った自己紹介から、山田さんの台湾土産である彩り豊かなパイナップルケーキから、「なぜその箱を手に取ったのか」という即興の自己開示を腰を据えてお話をしてみて。

最初はなんとなく「みんなどういう人なんだろう」という硬い雰囲気が、徐々にほぐれていって。
長野県内だけでなく、山梨県や香川県から参加してくれた協力隊もいたり、人知れず協力隊として悩んでいることもわかったり、何よりお互いの感性や個性のようなものも見えて、段々と参加者の中にも自然な笑顔が見えてきて、肩の力が抜け自然体になっていくような気がしました。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-25

15:45から15分間の休憩を挟んで、お次は「過去を振り返るワーク」。

これも「根っこの想いを自覚する」ことを意識したワークで、今までの自分の人生を小学生~中学生、高校生~大学生、社会人前半、社会人後半と振り返った時に、どのようなことがあって、どんな判断をしたのかという「事実」の部分と、その中で何を大切にしてきたのかという「価値観」の部分を書き出していくというものです。

今、自分が感じたり考えたりしていることって、自分が辿ってきた人生の中での経験や、そこで考えて身につけてきた考え方がベースになっているはずで。それを改めて書き出して、見える化してみて、自分を形成している価値観に向き合ってみようと。

なんせ小学生時分から振り返りを行うので、いざ書き出してみるとかなり時間がかかって、40分たっぷり使って個人作業で自分の人生を振り返り。
古家の敷地内を使って、各々自分が居たいと思う、好きな場所でワークを行いました。
庭に椅子を出す人もいれば、縁側で足をぶらぶらさせている人、囲炉裏の横で書いている人もいて、なんだかとても良い雰囲気。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-33

個人作業をした後は、40分かけて振り返った自分の人生を、まずは三枝と江利子さんが1人ずつ参加者全員の前で共有。
そのあとに3人で1チームになって、思い思いの場所で自分の人生を話をして、他の2人はそれに対して質問をしたりフィードバックをしながら、もっともっとお互いの理解を深めていきます。
中には話を聞きながらグラフィックレコーディングをして、それをギフトとしてプレゼントするという素敵なチームも。

「コクリ!プロジェクト」のメソッドでは、「根っこの想いを自覚する」次のステップを、「境界を越えてつながる」ことと定めています。
つまり、安心で安全な場の中でお互いに自分自身の想いを共有することによって、信頼関係が生まれ、他の誰かの想いを「みんなゴト」にしていくというステップ。
チームになっての発表は、そんな意図で設定しているのです。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-41

普段の生活の中では自分と深く向き合うってしないせいか、参加している皆さんにもお疲れの表情が見えてきたので、一旦休憩と自由時間をとって、お待ちかねのディナー!!バーベキュー!!

大町といえば温泉!
ということで近くの信州金熊温泉「
金太郎乃湯」に行くグループと、残ってバーベキューの準備をするグループに分かれて、19時にディナースタート!
スタッフお手製オリジナルのタレに漬け込んだお肉などでおもてなしをしていただき、お腹いっぱい大満足。

温泉と夕食で気持ちを高めた後は、山田さんと代表のたつみさんによるトーキングタイム!

山田さんからはTEDxでも講演したナンパの話を軸にした「ひとりじゃ円陣組めない」と題した、商店街活性化プロジェクト「
nanodaの話。こちらにTEDx本番の動画もありますので、是非是非ご覧くださいませ

どの地域でもそうなのだけれど、ひとりで考えてもがいたって、なかなかまわりを巻き込めないし、やりたいこともできにくい。
でも、自分の気持ちとかやりたいこととかに「面白そうだね!」「やってみたい!」と言ってくれて、一緒に行動してくれる仲間が2人でも3人でもいれば、何かアクションができるし、一歩が踏み出せる。
たつみさんからは「好きなことを生業にする」と題したお話。
次々と自分の考えていることを発信して、それをお金に替えて「生業」にしているたつみさん自身の話を、参加者にも自分が好きなことに向き合ってもらいつつ、聞きました。

2人とも、自ら事業をつくり出していて、遠くから見ると手の届かないスーパーマンのように見えますが、何を大切にしているかとか、何故そういうことができたのかなど、これから行動に移すためのヒントをもらえたように感じました。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-46

22:30にお二人のトークも終わり、後は本当の自由時間!

急遽飛び入りで参加した静岡県沼津市の元地域おこし協力隊によるタカアシガニディジュリドゥ演奏(!?)を聞いたり、花火をしたり、縁側トークに花を咲かせたりと、合宿っぽく楽しみながら、古家の夜は更けていきました・・・!

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-49

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-66

▼(2日目)

未来をイメージして、ネクストアクションへ!

大町を!合宿を!とことん楽しみ尽くすぜ!という(頭のおかしい)有志6名により、
4:30起床で鷹狩山から雲海を見るチームを結成(もちろん、三枝も頭のおかしい人の1人・・・)。

朝焼けは木々に隠れて見えず、曇っていたので北アルプスや後立山連峰も見えませんでしたが、それでも南側にもこもこした雲海と、そして町が朝陽に照らされて目覚めていく様子は、とても心に残る光景でした。

寝ぼけ眼で7:45にはなんとかみんな朝食の席に。
前夜楽しみすぎて、さすがにみんな元気がないかな・・・と思いきや、そんなことはなくペチャクチャ話しながら朝食に舌鼓。
あやなちゃんを陣頭にスタッフの皆さんが早起きして、美味しい朝ごはんをつくってくれました!

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-69

お腹も満たされて、9:00から2日目のプログラムがスタート。

なんとなく、みんな昨日の楽しみすぎた疲れを引きずって、心ここにあらずというか、ふわふわした感じになっている・・・
ということで、いきなりワークに入るのではなく、まずはマインドフルネスの手法を生かして、自分の気持ちをこの場にちゃんと置いてみるようなチェックイン。

普通に座っている状態から太ももに力をマックス入れてみて、そこから3割くらいの力に持っていきます。
その状態で自分の「身体の感覚」と向き合ってみて、足の裏が地面のどこと接しているのか、呼吸の状態はどうか、疲れている場所はないかなどを、身体と対話してみます。

自分の身体と意識をこの場に着地させた上で、落ち着いたり安心したりできる「外側のリソース」と、自分を支えたり安定させてくれる自分自身の「内側のリソース」を探ってみます。

この「グラウンディング」と「リソース」によって、今ここにいる自分自身の状態や立ち位置に気づき、そこから大切なものや、大事にしたいことを発見する手がかりを見つけるのです。

自分の内面に入ってみる45分間のチェックインの後、15分の休憩を挟んでワークを開始します。

まずは白い紙に縦軸と横軸に線を引いて、真ん中で交差させます。横軸は「過去」から「未来」、縦軸は「仕事」から「プライベート」。
この4象限の中に、昨日も振り返った過去と、今の状態と、そしてこれから先、自分はプライベートと仕事の両面でどのような未来をつくりたいのかを書いていきます。
そうです、ここにきてようやく「未来」に想いを馳せることになります。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ-77

でも、1日じっくりかけて過去を振り返ったのが本当に良いなあと感じたのがこの瞬間。
いきなり「お前は何をしたいんだ!」と言われても、うまく思い描けなかったり、言葉に出せなかったりするけれど。

自分が「何がしたいか」って、結局のところは自分が大切にしたい価値観の延長上にあるわけで、その価値観っていろんな経験から育まれてきたもので、その価値観を形成することになった経験を振り返ると、意外なほどすんなりと「何がしたいか」が、自分の気持ちに沿った形でかけるようになりました。

そして4象限シートから、自分がどうしても今みんなと話したいことを出して、OST形式で対話を行いました。

OSTとは「オープン・スペース・テクノロジー」と呼ばれる対話の手法。
自分が話したいテーマを掲げて、掲げられたテーマに対して関心のある人が集まって対話を行うというもの。

まさしく自分が話したい根っこの想いを「境界を超えてつながる」ためにぴったりな手法ですよね。
まずは信州移住計画の運営メンバー4人の関心ごとを掲げて、対話が始まります。

「好きな場所で、好きなことをして暮らすためには?」
「0→1のつくり方」
「地域おこし協力隊の悩みごと」

などのテーマが出揃い、それぞれが好きな場所で対話をします。
書いてみた4象限シートを共有したり、なぜ関心を持ったのかを聞いてみたりと、関心を「持ってしまった」自分の中にある想いを共有していくことで、段々と抱えている悩みごとや、やってみたいことが、チームの中で口の端に上がるようになってきました。

OSTの2クール目は、参加者全員が話したいテーマを掲げてみました。「自分が気づいていない自分のスキル」「私の幸せってなんですか?」「地域の健康的な食品を発信して販売していきたい」などなど、まさに自分がぶつかっているリアルなテーマがポロポロと!

その中から「どうしても自分のテーマで話したい!」という立候補制と「自分のテーマを捨てても、この人のテーマで話したい!」という推薦制でテーマを選んで、またまた対話が始まります。

地域おこし協力隊同士のリアルなテーマということで、なんだか先ほどよりも熱量が高まっている気がするし、1日目でじっくりと時間をかけて自己開示をしたおかげで、お互いに信頼感が生まれていて、自分自身を遠慮なく表現できるような安心と安全を感じる場になっているように見受けられました。

まだまだみんな話し足りないように見えましたが、時間となったのでここで対話は終了。
とても疲労は溜まっているはずなのに、なかなか話を止めないくらい熱量が高まっている皆さん。
でも、一旦車座になって、チェックアウトをします。

前日の午後から、濃くて長くて熱かった2日間を振り返って、それぞれが自分と向き合い、静かに心を合宿という場から解き放っていきます。
最初に車座になった時のドキドキ感が、最後はなんとなく暖かい連帯感に変わっていったように感じました。

時間にするとたったの24時間しか一緒にいなかったのだけれど、なんだかとても心地よい関係性。
「今度、絶対に遊びに行くねー!」という素敵な会話があちこちで繰り広げられて、多分それも実行されるんだろうなーという予感。
困ったことがあれば相談できて、支え合えるようなコミュニティが形成されていました。

LODEC_信州移住計画地域おこし未来ラボ

そんなこんなで、とても寂しく名残惜しかったけど、ここで解散。残れる人は、自家製無農薬野菜を使った地元産ジビエ料理が評判の「
農園カフェ ラビット」というお洒落カフェで昼食を食べて、最後まで大町を満喫しちゃいました。

「コクリ!プロジェクト」のメソッドは、じつは3ステップ目があって、「境界を超えてつながる」の後に「感性に従い、まずやってみる」というところまでをゴールとしています。

今回、その3ステップは時間もなかったので、Facebookグループで24時間以内に投稿という形で、少しだけ合宿の場から離れて、過ごした時間を寝かせた上で、書いてもらうことにしました。

色々なネクストアクションが出てきましたが、実際に行動に移せたという報告も後日寄せられてきて。
「キッチンカーをしたいという企画書を役所に出したら通って動き出している」とか「自分の家で地域を案内できる民宿をするためにプロトタイプで友人から受け入れてみる」とか「今回のラボのメンバーの活動地域を尋ねてみる」などなど、いろんな動きが見られました。

今回の合宿が、少しでも背中を押すきっかけに、自分のやりたいことにもう一度気づくきっかけに、そして一歩を踏み出すきっかけになったようで、運営メンバーもとても良い気づきと、素敵なつながりを得ることができました。

これからも信州移住計画は、信州を一緒に楽しんでくれる素敵な仲間を増やせるような、ワクワクする企画をつくっていきます。
個性豊かな運営メンバーで、頭をひねりながらチャレンジをしていきます。

信州移住計画集合写真_ロゴ入り

企画やイベントに参加してみたいというのはもちろん、運営メンバーをのぞいてみたいという方も、ぜひぜひジョインしてみてください!一緒に信州ライフを楽しんでいきましょう!!
信州移住計画の情報は、こちらからゲットしてください!

信州移住計画Facebookページ
https://www.facebook.com/shinshu.iju.keikaku/?ref=br_rs

地域おこし協力隊未来ラボvol.2(好評につき開催決定!)
https://www.facebook.com/events/698040517247642/

文 三枝大祐

三枝大祐

大祐三枝

名古屋生まれ福岡育ち京都大学、就職名古屋〜広島。 日本中を渡り歩き2017年塩尻移住&転職。 実家は兵庫、祖父母は新潟、墓は静岡と、デラシネ(根無し草)的人生を謳歌中。 山と旅と酒を愛し、旅先のレポートを漢字含有率の多い暴力的な長文でSNS投稿するのがライフワークです。 広島風お好み焼きを出張で作りますので、ご依頼承ります。

考えるいい機会

いい情報が手に入るイベントあります!

66666575_2336399680012562_1997108330341859328_n

信州移住計画が関わるイベント開催のお知らせです! 8月4日(日)にパーソルキャリア株式会社の主催の長野県への移 […]<イベント開催>8月4日(日)信州移住計画と転職サイトdodaが連携して仕事も暮らしもまるっと分かる 「doda長野県移住・転職セミナー」を開催!

「信州移住計画」は、「地域おこし協力隊“非公式”サミット」と題し、長野県塩尻市シビックイノベーション拠点スナバ […]\参加募集中/ 地域おこし協力隊“非公式”サミット at 塩尻市スナバ

信州移住計画地域おこし未来ラボ

皆さまこんにちは、信州移住計画の三枝です。 地域おこし協力隊未来ラボvol.2(好評につき開催決定!) 現在参 […]<イベントレポート>自分と、人と、つながって、未来を見つめる2日間。|地域おこし未来ラボvol.1 -3年後のリアルを考える-

地域おこし未来ラボvol.02イベントカバー

<地【未来】を本気で考える>秋の古民家合宿イベント開催!!! 今回は協力隊ではない一般参加者も募集します! そ […]<イベント開催>地域おこし未来ラボvol.02 – 3年後のリアルを考える -【現役地域おこし協力隊募集!】

地域おこし未来ラボHPサムネイル正方形

<地域おこし協力隊の【未来】を本気で考える>夏合宿イベント開催!!! それぞれの立場で信州暮らしを謳歌している […]<イベント開催>地域おこし未来ラボ- 3年後のリアルを考える -【現役地域おこし協力隊募集!】

icon_sij_fb

信州移住計画雑用係 兼 長野県北アルプス山麓地域で<地域に‘来る’ ‘棲む’ ‘働く’を、創る>会社LODEC […]<イベント開催>10月3連休は長野県塩尻市で信州移住計画のイベント開催!10月9日(日)シゴトーーク!/10月10日(月)塩尻”超”未来会議

icon_sij_fb

6月24日(金)20:00〜 東京都清澄白河リトルトーキョーの人気企画【仕事バー】に信州移住計画のメンバーで出 […]<イベント開催>信州移住ナイト!〜信州移住茶論vol.2〜 at リトルトーキョー【仕事バー】